教えてグッピー

日本の医療の状況は?

 日本には高い医療技術があり、国民皆保険制度により安価に誰もが医療を受けられる環境が整えられているが、医師不足や国の負担する医療費の高騰が課題となっている。…

続きを見る

日本の歯科診療の状況は?

 「日本の医療の状況は?」で見た2014年の国民医療費のうち、歯科診療費は2兆7,900億円、歯科診療の総額は年々上がっているが、国民医療費に占める割合は低下傾向にある。歯科医師は、その他の医師に比べて人材不足の問題は少ないが、歯科領域でも医療全体のことを考えていく必要がある。…

続きを見る

医療保険のしくみは?

 日本は、国民皆保険制度を導入しており、病気の人も健康な人も保険料を支払い、病気やけがをした時に個人の負担が少なくなる相互扶助のシステムで動いている。歯科医療という国民の健康を支える医療に携わる歯科衛生士として、また自分自身が保険料を支払う社会人として、保険のしくみはしっかり理解しておこう。…

続きを見る

チーム医療とはどんなもの?

 チーム医療とは、患者さんを中心として、複数の異なる職種の医療専門職が協力して治療やケアに当たることだ。近頃は、歯科と医科が連携することも重視されている。…

続きを見る

地域包括ケアシステムとはどんなもの?

 地域包括ケアシステムとは、高齢者が可能な限り自立し、住み慣れた地域で暮らし続けられるように、医療・介護・住宅・介護予防・生活支援を一体的に提供する体制のことだ。…

続きを見る

歯科衛生士の仕事内容は?

 歯科衛生士は、歯科予防処置や保健指導を中心に、歯科医師の診療補助等も行う。さらに、患者さんの緊張を和らげ、前向きに治療や予防に取り組めるように促すことも歯科衛生士の役割として大きいものだ。…

続きを見る

歯科衛生士の活躍ステージは?

 上のグラフにあるように、歯科医院に勤務する歯科衛生士が圧倒的に多い。少数だが、病院、行政、介護施設や事業所を職場とする人、養成校での育成業務に携わる人などもいる。歯科衛生士の職場としても最もイメージしやすいのは歯科医院での仕事だろう。「歯科衛生士の仕事内容は?」でも説明したように、予防に重点が置かれる現在、担当患者さんを持ち、…

続きを見る

歯科診療所での仕事とは?

 歯科衛生士の9割が歯科診療所(歯科医院)で働いている。歯石・歯垢の除去、歯のクリーニング、保健指導を中心として、診療補助や院内の管理、整理整頓を任されることもある。歯科衛生士の職場を思い浮かべた時に真っ先にイメージされるのが歯科医院だろう。歯科衛生士の専門分野である歯科予防処置と保健指導を行い、…

続きを見る

病院での仕事とは?

 病院での仕事は、大きく分けて2種類ある。1つは歯科や口腔外科での仕事、もう1つは、様々な診療科の入院患者さんの口腔ケアを担当する仕事だ。上のグラフは、歯科・口腔外科を持つ病院数の推移だ。歯科は減少傾向にあり、口腔外科は増加傾向にある。…

続きを見る

介護施設での仕事とは?

 介護サービスを必要とする人は上のグラフのように年々増えており、高齢者の口腔ケアの重要性も増している。利用者の口腔ケアの他、介護職員へのアドバイスや指導も重要な仕事となる。…

続きを見る

訪問歯科診療の仕事とは?

 歯科医院に通うことが困難な人の自宅等を訪問し、歯科治療等を行う訪問歯科診療が増えてきている。歯科衛生士は歯科医師とともに、または単独で訪問し、口腔ケアや本人や家族へのアドバイスを行う。…

続きを見る

行政での仕事とは?

 保健所や保健センターでは、歯科衛生士が口腔ケアの専門職として、地域の人々対象の歯科検診や歯科健康指導に携わっている。保健所は都道府県や政令指定都市等が設置し、対象地域の人々の健康と衛生に関する業務を担う。…

続きを見る

歯科衛生士の仕事の1日の流れは?

 上図では、一般的な歯科医院での歯科衛生士の1日のスケジュール例を示している。歯科衛生士の役割分担は個々の医院により異なるが、就職先の仕事の分担や方針を早く覚えて、効率的な仕事を意識しよう。…

続きを見る

歯科医院は減っていく?

 国は歯科医師の人数を削減する方針をとっているため、新たに歯科医師になる人は減っていく見込みだ。また、人口が減少する中、歯科医院の経営は困難になり、歯科医院も減少していくことが予想される。…

続きを見る

歯科衛生士の給与はどのくらい?

 厚生労働省の統計によると、歯科衛生士の2016年の平均月給は26万200円、賞与等を含めた平均年収は352万4,700円である。歯科衛生士の初任給の平均は、全国で22万5,543円、東日本で22万9,030円、西日本で21万9,416円である。…

続きを見る

初めての就職活動どうすればよい?

 まず、いつまでに内定がほしいのか、就職先に何を求めるのか、といった自分の希望をはっきりさせ、その希望の実現に向けては何をするべきなのかを考えることから始めよう。たとえば国家試験前に就職活動をするのか、後にするのかということを考えるだけでも将来が変わってくる。…

続きを見る

自己分析はどうやってやるの?

 自分の過去を振り返ることで、自分がなぜこの仕事を目指したのか、将来どんな風に働きたいのかなどを分析しよう。歯科医院や病院へ就職活動を行う場合、きちんとやっておきたいのが自己分析だ。自分はどんな性格で、どのように働きたいと思っているのか。…

続きを見る

就職活動の情報収集は?

 就職活動の情報収集では、大きく分けて「業界研究」と「求人研究」の2つが重要となる。様々な方法で情報が収集できるので、有用な情報を積極的に集めて就職活動に活かそう。…

続きを見る

求人情報はどこをチェックする?

 求人情報を見る際には、仕事内容や待遇、法人情報を確認し、複数の情報を比較しながら自分に合った就職先を見つけることが大切だ。就職情報誌やサイト、学校にくる求人票には、仕事内容や給与・休日・勤務時間等の待遇が記載されている。…

続きを見る

履歴書の注意点は?

 履歴書は初めて向き合う相手に自分を伝える大切な書類だ。アピールするためにも、誤解を生まないためにも、誠意をもって正確でわかりやすく、丁寧に書くことを心がけよう。…

続きを見る

歯科医院の見学を申し込むには?

 見学申し込みの手順をよく確認し、きちんとしたマナーでアプローチすることが大切だ。就職後に後悔しないためにも、見学をしてから就職先は決定したい。まずはキャリアセンターなどで見学できる施設の情報を確認しよう。…

続きを見る

見学で見るべきポイントは?

 施設見学は職場の雰囲気や清潔度、患者さんの様子を自分の目で確かめるほか、歯科衛生士の業務範囲など、職場や業務について質問できる機会だ。事前に気になる点をリストアップし、確認漏れがないようにしておこう。…

続きを見る

先輩達が就職先を選んだ理由は?

 上のグラフに、就職活動を終えた歯科衛生士の皆さんに就職先を選んだ理由をアンケートした結果をまとめている。先輩達が重視するトップは「勤務地」で、次に「給与」「社会保険」が同率で並ぶ。いずれも、社会人として自活するために特に重要な項目だ。…

続きを見る

就職先を選ぶのに持つべき視点は?

 「先輩達が就職先を選んだ理由は?」では、先輩達が就職先を選んだ理由をアンケートからみていったが、もっと重視したい点や、さらに深く考えたい点をみていこう。最も多く選ばれた「勤務地」は、通いやすい場所で働けることはとても大事なことだが、そればかりにとらわれていると、より相性のよい、自分が成長できる職場に出会えないこともある。…

続きを見る

SNSを上手に活用するには?

 SNSは、志望する歯科医院の情報を得たり、友人同士で就職活動の情報を交換したりと、便利に使えるが、どんな書き込みも常に「見られている」ことを意識する必要がある。Instagram、Facebook、Twitter、LINEなど、様々なSNSを利用しているだろう。上のグラフのように、20代以下ではLINE、Twitter、Facebookの利用が多く、…

続きを見る

国家試験の対策は?

 上のグラフは、歯科衛生士国家試験の合格率の推移だ。毎年90%を超えていて難関とは言いがたいが、逆に言えば毎年数%の人は落ちているということ。甘く見ることなく万全の準備をしよう。…

続きを見る

担当者が採用したいのは?

 歯科衛生士に求められる能力を意識して身につけ、面接の場で伝えられるようにしよう。物事をわかりやすく伝えられる力をアピールしつつ、好印象を持たれるようにしたい。上のグラフは、新卒の採用選考の際に特に重視する点を聞いた調査だ。…

続きを見る

仕事と結婚、子育ての両立はできる?

 歯科衛生士は一般的に、結婚後、子育て中なども働きやすい職種だ。ライフステージに合わせた働き方で、仕事と私生活のバランスを保とう。国家資格の必要な歯科衛生士は、他の職種と比べても、一度仕事を離れた場合にも復帰しやすいと言えるだろう。…

続きを見る

認定歯科衛生士は目指すべき?

 歯科衛生士として得意な領域を持ち、技術を高めることは大きな強みとなるだろう。向上心を持って仕事をするためにも、ぜひ認定歯科衛生士を目指してほしい。予防医療が重視され、歯科衛生士にかかる期待は年々大きくなっている。歯科医療全体のレベルを上げるためにも、…

続きを見る

学生のうちに何をすればいい?

 国家資格取得を目指し必要な勉強をすることはもちろんだが、学生だからこそできることをしておくことも大切だ。社会人となってからも活かせるような、様々な経験を積んでおこう。…

続きを見る

新規会員登録はこちら

  • スマホでも求人検索グッピー
  • 歯科衛生士 就職情報誌 会員の方に無料プレゼント

ページの先頭へ戻る